「コンサートに行けません」を伝えるかどうか

色んな方からコンサートのお誘いをいただくのですが、行けないものには基本的にお返事をしておりません。演者側としては「行けなくても返事があると嬉しい」「行けないなら言わないでほしい」どちらの意見もあると思うし、どっちが正解とかはないと思うので、単に僕なりの方針です。冒頭に個人的なメッセージがついてるやつは、返事をするかちょっと迷うんですが、DMっぽい匂いがするやつは基本スルーしてることが多いです。

ちょっと話がズレますが、Facebookでイベントページを作ると、なぜ真っ先に「行けません」という人たちのコメントがいくつもつくんでしょうね?きっとその人のことを応援しているはずなのに、負のオーラをわざわざ公開して蓄積させてどうすんの?っていつも思ってしまいます。コンサートの案内の投稿に対するコメント欄でも、同じような状況をよく目にしますが、個人的にはあんまりいい気分がしないです。

またまたちょっとズレますが、演奏家の人たちとよく「いいお客様とは?」という話をすることがあります。色んな言い方があるけど、おおむね「適切な距離感を保ってくれる人」という感じになることが多い気がします。何でもかんでもアピールしたい気持ちもわかるけど、ちょっとだけブレーキを踏んでもらうと、より気持ちのいいお付き合いができる、、、、かもしれない、と思ったり。や、みんながそうではないかもしれないけど。でも「何もしないこと」に思いやりを感じる、という演奏家は結構いるんじゃないかな。どうだろう。どっちが正解っていうことじゃないのかもしれないけど。うーん。悶々。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter