140文字オペラ「ボエーム」

ボエーム:パリの屋根裏部屋で暮らす若者たち。詩人は階下に住むミミと恋仲になる。しかし不治の病のミミのためには貧乏な自分とは別れた方がいいと決意し、わざと嫌われようとする。ミミは偶然真実を知り別れる。しばらく経ち屋根裏部屋に瀕死のミミが運ばれてくる。ミミは愛する人の前で息絶える。