【クラウドファンディング23日目】熱心に語れるものがあるか

あるピアニストと話していたときのこと。彼女は京都でロングラン上演している舞台「ギア」のファンのようで、その舞台の面白さをとても熱心に語ってくれました。セリフが一切ないノンバーバルな舞台であること、登場人物は全て人間型ロボットで、パントマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングなどのパフォーマーが演じていて、それぞれの素晴らしいパフォーマンスが堪能できること、プロジェクションマッピングなど光の演出がすごくて見ごたえがあること、などなど。僕はその時「ギア」のことを知らなかったのですが、とても面白そうだと思いました。そして後日「ギア」を見に行ったのでした。

この話が興味深いのは、実は彼女と会っていたメインの目的は、どうやったら一般の人にも楽しんでもらえるクラシックコンサートができるのか?ということでした。僕は思わず、「さっきギアを熱く語ってたのと同じテンションで、自分のコンサートのことを熱く語ってよ!笑」と言ってしまいました。この出来事があってから、僕が関わっているコンサートを宣伝するとき、いつも頭に浮かんでいるライバルは「ギア」です。 僕のアルバム制作のことも、まだまだ熱くお伝えしたいと思っています。

※このエピソードの本人には申し訳ないですが、いつまでもネタにさせてもらっています(笑)

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter