2014-07-13 朴守賢 インタビュー 2/8

  • 作曲コンクール第1位受賞

――とにかく無事に審査の対象になったわけですね

「第一次の発表の時期というのが4月末なんです。発表は封書で来ます。過去の経験上、一次を通っていたら早めに来るんですよ。20日代前半とか。ダメだったら30日の間際とか。僕は25日ぐらいから台湾に行くことになっていて、それまでに来なかったから、もうこれはダメだなと思って。でも29日に日本に帰ってきてから、一応ポストをのぞくわけですよ。でも落選でも封書は来るはずなんですけど、それすら来てないんです。30日になっても来ないし、5月1日になっても来ない。もしかして、もう落選の人には知らせすら来なくなったのかなと思っていた数日後、僕が台湾に行っている間に実家に帰っていた妻が、マンションのドアのポストに不在票が入っているのを見つけたんです。僕はマンションの下のポストばっかり見ていて気づかなかったんですよ。それが吹連からだったんです」

――連絡は書留みたいなので来るんですね

「受かった人には確実に届けないといけないから、書留なんでしょう。まあ冷静に考えたらそうだなと思いますが、そのときはあんまり何も考えずに、吹連?何だ?と思ったんですよ。それでようやく受け取ったら一次を通っていて、今度はパート譜を提出しないといけないと。不在票をずっとスルーしてたから、お預かり期間がギリギリだったんです。結局パート譜も本当にギリギリに出しました」

――またしてもギリギリで

「それで先日の本選。久しぶりの本選です。すごく緊張してね。過去2回は若さ故か何も知らなかった故か、あんまりそういうのはなかったんです。でもリハーサルの合奏の部屋に入ったら逆にすごく落ち着いて、過去一番クリアになりました。で、本選が終わったあとに、1位の人だけ翌日に電話で連絡しますって言われたんですよ。それは知ってたんです。過去の経験があるから。発表の日はずっと家でソワソワ、ソワソワして。電話が来るのは夕方ぐらいなんですよ。4時か5時ぐらい。でも4時になってもかかってこない。落ち着かないから4時半ぐらいに息子を保育園に迎えに行って。一緒に遊んでいるうちにパッと時計を見たらもう5時半とかになってて。妻はもう僕の肩に手を当てたりしはじめてるんですよ(笑)」

――ははは!

「よくがんばったよ、みたいな。そのまま引きずるのは嫌だから、自分の中では6時で区切ろうと。6時までにかかってこなかったら、さすがにこないだろうと。結局、6時になってもこなかったから、楽しみに結果を待っていた人たちに順々に返事を送り始めたんです。どうでした?って聞いてきてた人とかに、すごくズーンって落ち込んでるみたいなスタンプを送って。そんなことをしていたら、8時半ぐらいに留守電が入ってたんです。吹連から。不思議ですね、1位にしか連絡がこないって言われて留守電が入ってるということは、普通に考えたら1位だって判断してもおかしくないんですけど、すごく待たされてるし、もう落ちてると思ってるから全然そんな風に思わなくて。何だこれ?みたいな感じです。どうしたんですか?ぐらいの。そしたら大激戦だったらしくて審査が長引いていて、『今終わりました。結論から言うと朴さんの曲が1位に選ばれました』」

――何か軽いですね(笑)

「『え?あ、え!?ああ、ああー!』みたいな。で、おめでとうございます、ありがとうございますっていうやり取りがあって、明日の朝日新聞に結果が出ますけど、一応それが公表日ですと言われて。わかりましたって言って電話を切ったら、電話がブルブルブルブルなってるんです。ずっと。電話、メール、LINE、Facebookの通知。朝日新聞デジタルで既に結果が出てたんです。いや出てるやん!って(笑)」

――あははは

「だから僕が結果を知るよりネットの方が早かったんですよ。朝日新聞デジタルの時間を見たら7時51分だったんですよ。僕が電話したのが8時半だったんで、ネットの方が早かったんです。多分、速報で出すために朝日新聞が張りついていたんだと思います」

――吹奏楽コンクールは朝日新聞主催の一大イベントですもんね

「電話を切ったあと、絶対に検索されるだろうと思ったから、3年ぐらい放ったらかしているホームページを整理しないとだめだと思ったんです。そしたら既にネットで結果が溢れていたから、それを更新する間もなかったんですよ。ヤバいヤバいヤバい!って。僕が最初にしたことはホームページの更新だったんです。急いで最低限の更新をして、そしたら次の日にWikipediaでページができてたんですよ。ホームページを参照にして書かれてたから、更新しておいてよかったなと思って。ずっと古い情報のままだったから。それから3日間ぐらいはあいさつ回りでしたね」

――Facebookにもたくさんのお祝いメッセージが届いていましたね

「それはやっぱりすごく嬉しかったですよ。皆さんにこんなに喜んでもらえるとは。電話もいっぱいかかってきました。自分の師匠に連絡するのが大分後になってしまったぐらい。でもまだ、本当かねぇ?ってたまに思ったり」

――来年になってみないと実感はわかないかもしれないですね

「生き方のシフトチェンジ」につづく>

朴 守賢(パク・スヒョン)

1980年2月、大阪生まれ。
大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻出身。

吹奏楽、管弦楽、室内楽、民族楽器、合唱、歌曲、朗読音楽、等の作曲・編曲
TVドラマ、CM、映画、劇音楽等の劇伴音楽制作
クラリネット、リコーダー、雲南の横笛「巴烏」(Bawu)等の演奏
指揮、音楽指導
音楽を通した世界各地での芸術国際交流
等で活動中。

2014-07-13 朴守賢 インタビュー 1/8

今回のインタビューは、作曲家の朴守賢さんにお話しを伺いました。朴さんは2014年6月に開催された「全日本吹奏楽連盟作曲コンクール」において第1位を受賞され、受賞作品の「暁闇(あかつきやみ)の宴」は、来年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲Vとして採用されることになっています。朴さんはこれまでに、同じく吹奏楽コンクールの課題曲を決める作曲コンクールである「朝日作曲賞」でも、2度本選に残ったことがある実力者で、作曲家としての力量は既に知られていました。今回は第1位を受賞した作曲コンクールのことをはじめ、吹奏楽への思いなどを熱く語ってくださいました。

  • 滑り込みで作曲コンクールに提出

――この度は全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位おめでとうございました

「ありがとうございます。今回受賞できたのも、たくさんの方々のご指導や叱咤激励のおかげさまです。この場をお借りして皆様に厚く御礼申し上げます」

――受賞されるまで色々ドラマチックだったと伺っていますが

「今回のコンクールは結構すごかったんですよ。締め切りが3月26日だったんです。26日必着、郵送に限る、持ち込み厳禁。吹連(吹奏楽連盟)は東京です。ということは大阪からだと、普通に考えたら前日までですよね。でも最後の最後の部分がどうしても書けなくて、ずっと停滞していたんです。それでもう前日のヤマト便の時間も過ぎてしまって」

――うわー

「でもね、それまでだったら諦めていたかもしれないですけど、全然諦めなかったんですよ。書いている曲に自信があるからというのとは少し違うんですけど。それで曲を書きながら配送手段を色々調べて。そしたらどうやら当日便がいけるということがわかったんです。届け先が法人だったら使える、お、これだ!と。最終手段は何万円もするけどバイク便で送ろうとか」

――大阪からバイクで運んでもらうと!

「その便の締め切りが何時、この便の締め切りが何時と、とりあえずチェックして問い合わせだけして。じゃここに間に合わせなきゃと。で、ことごとく間に合わなかったんですよ」

――ええ!!

「ことごとく。これはさすがにヤバいなと思ったんです。でももうここまで書いているし、出さないなんてことは考えられなかったんです。それでとにかく書き上げたのが、昼の12時か1時ぐらいだったんですね、当日の」

――当日の!

「どの便ももうアウトなんですよ。まだタイトルもちゃんと決めてなかったから、仮題をもうそのまま採用して、見直す時間もないから最低限のレイアウトだけして、PDFデータをiPhoneに送って、自転車で走って駅までの道中のコンビニでプリントアウトして、それで新幹線に乗りました」

――え、東京に行ったんですか?

「もう直接だと。飛び乗って新幹線の中で製本して、でも持ち込み厳禁だから現地のバイク便に連絡したんです。『僕は4時何分に東京駅に着きます。近くのホテルのロビーに行くから受け取ってください。絶対に5時までに届けないとダメなんです!』って」

――窓口の締め切りは5時なんですね

「それも連盟に確認したんです。『当日のバイク便はありですか?』って。なしって言われたらもうダメだから、ゆるくそろっと匿名で電話して聞いたんです。最後にお名前を伺ってもいいですかって聞かれたからバレてるんですけど(笑)」

――ははは

「コンクールの申込書とかも新幹線の揺れる車内で書いてね。経歴とかも書かないといけないんですよ。製本したいから、わざわざグリーン車にしたんです。できるだけテーブルを広く使いたいから。それで東京駅に着いたのが確か4時45分とかでした」

――ええ!!

「ダッシュでバイク便に渡して、届けたら連絡くれますかってお願いして、連絡が来たのが4時54分とかでした。『助かりました!ありがとうございますー!』ってむっちゃお礼を言いました。とりあえず出せた、うわよかったーと思って。書き上げたときは、本当にギリギリに書いたというのもありますけど、これは行けるとかダメっぽいとか、そんなのも全然わからなかったんですよ。だからあんまり考えないようにしていたんです。まあとにかく出せてよかったと」

「作曲コンクール第1位受賞」につづく>

朴 守賢(パク・スヒョン)

1980年2月、大阪生まれ。
大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻出身。

吹奏楽、管弦楽、室内楽、民族楽器、合唱、歌曲、朗読音楽、等の作曲・編曲
TVドラマ、CM、映画、劇音楽等の劇伴音楽制作
クラリネット、リコーダー、雲南の横笛「巴烏」(Bawu)等の演奏
指揮、音楽指導
音楽を通した世界各地での芸術国際交流
等で活動中。

2012-5-10 橋本秀幸 インタビュー 4/4

  • このアルバムは今までのまとめ

――アルバムタイトルの『earth』については、何か思いがあるんでしょうか

「『earth』っていうのは、壮大なイメージというよりは、すごく身近なイメージですね。(足元を指差す)」

――ああー

「曲も割と日常で感じることから出来たり。例えば『naoshima』だったら直島に行ってできた曲だったり」

――身近に感じたことが曲になるんですね

「『naoshima』を作ったときに、音楽は土地から生まれるのかなって思いました。直島ではパオという、テントみたいなところに一人で泊まったんですが、海辺で波の音を聴きながら、例えばここにはジャズは合わないなと思って。都会っぽいJ-POPとかもここには合わない気がして。音楽は土地から生まれるものなのかなって思いました」

――音楽は土地から生まれる。いい言葉ですね

「即興はそれこそ、その空間から生まれる感じですね」

――このアルバムは全体を通じて、独特の肌触りというか心地よさがありますね

「エンジニアさんは質感を大事にしてる人なんですけど、そういえば自分も同じかなって思ったんです。テイクを選ぶときの基準が、自分もそういうような気がしてきて。質感とかタッチ感とか」

――タッチ感というのは、弾くときにもかなり意識してるんですか?

「いや、そこまで意識してなかったつもりでしたけど、レコーディングをしてテイクを選ぶときに、自分が選ぶ基準が、結構そこな気がして。実は自分はそういうところを大事にしてるのかなって思ったんです」

――その質感やタッチ感を含めた空気全体が、独特の世界を作ってるんでしょうね

「みんなが好きになるわけじゃないんで、なるべくいろんな人に聴いてもらって、その中でピンとくる人に買ってもらえたらいいなぁって。できたら間違って買ってほしくないんですよ(笑)」

――はははは

「買ったけど『私、あんまりこれ好きじゃないわ』って言われるんだったら、すみませんって感じなので(笑)。だから正しく伝えるために、試聴もできるようにしています」

――このアルバムは、今までのまとめだとブログに書いておられましたが

「人生の……いつ死んでもいいように。今までの音楽活動のまとめや区切りという思いはありました」

――でも、これまでは自分でソロをやるというよりも、他の人の曲にサポートで入ることとかが多かったんですよね?

「そうですね」

――そうすると、今までの音楽活動のまとめって言っても、聴く人によっては突然ぱっと出てきたような感じじゃないですか?「あ、実はこういう感じの人だったんだ!」みたいな

「ああー、思われるんでしょうね」

――だけどそれは、自分の中にはずっと自然に存在していた音だったんですね。橋本さんの音楽を聴いていると、音楽だけというよりも、その音楽を含めた空間全体を意識しているような気がするんですが

「そうですね。『音楽ハイどうぞ!』みたいなのじゃなくて、音楽と場所とか、音楽を聴いてその人が感じることとか、音楽と何かが合わさったりとか、音楽で100%じゃないイメージです。余白がある感じですかね」

――それは曲を聴いてると感じます。そしてそんな音楽を求めてる人には、まさにピッタリのアルバムだと思います

「歌詞がないピアノ曲なんで、海外でも聴いてもらえたらいいなぁって思ってます」

――現在はまだホームページでの先行発売のみですが、すでに海外からの反響もあるみたいですね。これから橋本さんの音楽が、まさに『earth』に相応しく広がっていくことを楽しみにしています。今日はありがとうございました (了)

橋本秀幸

1986年、大阪生まれのピアニスト、作曲家。空間を活かした即興演奏と、作曲作品を軸に音楽活動を行う。自然と奏でられるシンプルな美しい響きで、様々な楽器や声との共演のほか、 ヨーロッパでも映像とのコラボレーションを行うなど多彩な広がりを見せている。ソロピアノ2部作として『earth』を2012年6月にリリース、同年冬に『air』をリリース予定。

http://hideyukihashimoto.com/

2012-5-10 橋本秀幸 インタビュー 3/4

  • 一番しっくりくるものを自然体で

――このアルバムには、全体にストーリー性を持たせてあると聞いたんですけど、どんなストーリーとかはあるんですか?

「それはあまり重要じゃないんです。曲の流れとしてストーリーになってる、みたいな感じなんですけど。朝が来て、昼になるみたいな」

――ああ、そういうゆるい感じなんですね。グラデーション的に何となく色が変わってくみたいな

「そうですね。聴いた人がストーリーを考えたりしてくれるので、それでいいかなと。意図して何かを狙ったとか、そういうものもあまりないです」

――特にはっきりした物語があるわけじゃないんですね

「聴いた人が、色々な感想をくれるので、本当に自由に感じていただけたらいいなと。僕はただその時に一番しっくりくる音を弾いて、それが録音されているという、すごく自然体な感じですね」

――なるほど。曲のタイトルにもあまり意味を持たせてない感じがするんですが、それは意識してるんですか?音そのものを聴いて欲しいというか

「大体は曲のイメージから浮かんだタイトルを付けています。それもだから、しっくりくるタイトルをつけたってことでしょうか」

――これもまた何かを狙ったわけじゃなく、しっくりくるものが自然体で収まってるっていうことですね

「曲順だけは、すごく練りましたけど」

――曲順は最初に決めてあったんじゃないんですか?

「あったんですけど、変えました」

――出来上がってきた音を聴いて、違うなって?

「音を聴いて、しっくりこず(笑)」

――それこそ、しっくりこなかったわけですね(笑)

「曲順を決めるのは1ヶ月近くかかりました」

「このアルバムは今までのまとめ」につづく>

橋本秀幸

1986年、大阪生まれのピアニスト、作曲家。空間を活かした即興演奏と、作曲作品を軸に音楽活動を行う。自然と奏でられるシンプルな美しい響きで、様々な楽器や声との共演のほか、 ヨーロッパでも映像とのコラボレーションを行うなど多彩な広がりを見せている。ソロピアノ2部作として『earth』を2012年6月にリリース、同年冬に『air』をリリース予定。

http://hideyukihashimoto.com/

2012-5-10 橋本秀幸 インタビュー 2/4

  • 今の音楽を弾くようになるまで

――ここから少し、橋本さんの音楽体験をお聞きしたいんですが、ピアノは小さいときから習ってたんですか?

「僕はエレクトーンから入ってるんです」

――そうなんですね。でも当時は今みたいな音楽をやってたわけじゃないですよね?

「その時はまだそんな感じじゃないです」

――ここにたどり着くまでには色々なストーリーがある?

「ある……かもしれない(笑)」

――あはは。個人的には、こういう音楽を弾く人の入り口にすごく興味があるんです。クラシックでもないしジャズでもないし、どのタイミングでどういうところから入っていくのかなって

「ああー。一番自分が素直に自然に弾けるというか、一番素直に自然に弾こうとしたら、こうなると思うんで。色んなジャンルをやってきたけど、ここに戻ってきたというか」

――エレクトーンはずっとやってたんですか?

「高校3年ぐらいまでは、頭の中がエレクトーンでした(笑)。だから普通のバンドの曲とか聴いても、エレクトーンだったらどういう風に弾くんだろう、みたいな感じだったと思うんです。高校を卒業した後に、甲陽音楽学院(2年制の音楽専門学校)に入るんですけど、甲陽に入ったときも、多分エレクトーンでやっていくと思ってました」

――甲陽にはピアノで入ったんですよね

「入ったのはジャズピアノなんですけど、エレクトーンで入れる学校の見学とかにも行ってて、迷ってたんです。けど、エレクトーンの世界ってすごく狭く感じたので、エレクトーンをやるにしても、もっと広い世界を知った上でやりたいなと思って。ジャズピアノ科にしたのも、別にジャズをそんなに聴いてたわけでもないんですけど、ジャズピアノ理論ってすごく高度なイメージがあったんですよ。だからジャズピアノをやっておけば、大体色々対応できるかなと(笑)。それでジャズピアノ科にしました」

――甲陽で勉強するのは、いわゆるオーソドックスなジャズですよね

「今みたいな音楽に近づいて即興とかするようになるのは、確か2年生ぐらいからですね。当時の個人レッスンの先生にはすごく影響は受けました」

――どんなレッスンだったんですか?

「『本当に感じた音だけを弾きなさい。全然感じてない音をばーっと弾くより、弾きたいっていう音が出るまで待ってもいいから、そんな音だけを弾きましょう』って。で、実際そういう風にやって、『あ、それでいいんだ』みたいな」

――なるほどねぇ

「それで自分を受け入れてもらった気がします。あとは聴きに行くライブや、同期のミュージシャンからも影響を受けて、その辺からちょっと今に近づいてきた感じです」

――ジャズ的なスイング感とかが外れて、本当に今回のアルバムのような音楽をやるようになったのは、卒業してからさらに突きつめていった感じですか?

「例えば『klock』や『elephant walk』は、今でもバンドだと普通のスイングの感じでやったりします」

――あ、そうなんですね

「他の曲だと弦楽器が合いそうだとかあるんですが、でも今回はあえてシンプルな形で提示しようと思って、思い切って全部ピアノソロにしたので、それが独特の世界観を作っているのかもしれません」

「一番しっくりくるものを自然体で」につづく>

橋本秀幸

1986年、大阪生まれのピアニスト、作曲家。空間を活かした即興演奏と、作曲作品を軸に音楽活動を行う。自然と奏でられるシンプルな美しい響きで、様々な楽器や声との共演のほか、 ヨーロッパでも映像とのコラボレーションを行うなど多彩な広がりを見せている。ソロピアノ2部作として『earth』を2012年6月にリリース、同年冬に『air』をリリース予定。

http://hideyukihashimoto.com/